漢方について

漢方について

渕上慶子
慈椿堂薬局 渕上慶子

その人それぞれの症状をお聞きして、その方に合った漢方薬をお作りし、飲んでいただくものです。服で例えますと、既製服ではなくて、オーダーメイドの服のようなものです。頭痛がよくおきる、めまいがするなど、お悩みの症状がありますが、「私は、頭痛、生理痛持ちの体質なんだから、仕方ない。」とあきらめてられたり、鎮痛薬で対処されていたりします。でも、食事、水分の摂り方プラス漢方薬でそのような症状は改善できます。

また、西洋医学において、血液検査で腎臓の数値が正常範囲内だから大丈夫であったとしても、白髪、薄毛、頻尿、夜間尿、前立腺炎、膝、腰の痛み、足腰のだるさ、耳が遠い、歯周病、白内障、健忘症など、一見、老化と片付けてしまう症状です。しかし、東洋医学では腎が弱ってきていると見ますので、補腎薬を飲んでいただいて、症状も改善し、若さを維持していただけます。

Top