Q&A

Q&A

1.どれくらいの期間飲んだらいいの?
個人差はありますが、発症している期間と同じくらい、長くてかかることもあります。でも、先ず、2週間飲んでいただいたら、なにがしかの変化があります。
慢性病の方は、よくなられても、経過観察しながら、減薬していきます。
例えば、喘息では、激しい咳や喘鳴の投薬後、落ち着かれたら、喘息の元になっている冷え症などの投薬を行います。
2.ひざ痛で相談に行って、「舌を見せてください。」って言われるのは本当ですか?
本当です。
漢方では、舌はその人の体質や内臓の状態を映し出す鏡だと考えられています。
舌にはツボや経絡と言われる気の通り道がたくさんあり、内臓をはじめカラダの内側の状態が舌に現れます。
Top